両親の遺伝

両親の遺伝

親にとってわが子の身長がどのくらいまで伸びるのかは、かなり気になる点でしょう。
両親の身長が共に低い場合には、より一層気になってしまいます。
身長がぐんぐん伸びる子供にするには、どんな工夫をしていけばいいのでしょう。
子供の身長がどのくらいになるかは遺伝が影響するとも言われますが、他にも理由はたくさんあるので、悩むことはありません。

 

両親ともに低身長だとしても、長身の子供がたくさんいます。
子供の身長を伸ばすのにポイントとなるのが、十分な睡眠をとることです。
子供の場合には10時間以上の睡眠が良いとされており、寝ている間に様々な成長ホルモンが分泌され発育を促進していきます。
また子供の身長を伸ばすには、しっかりとした骨を作ることが欠かせません。
頑丈な骨を生成するにはタンパク質が欠かせず、その骨を強固なものにするにはカルシウムが必要とされるのです。

 

前から、健康的な発育には牛乳が欠かせないとされてきたのは、これが理由でした。
当然、身長を高くするためにも、このような理由から牛乳を習慣的に飲むのは非常にいいことです。
ただし牛乳をたくさん飲んでしまって食事量が減ってしまわないように注意しながら飲んでください。
同い年の子供と比較してあまりにも身長差がある場合は、低身長という病気も考えられます。

 

低身長と判断されると治療をしていくことになるので、気になるようなら早めに病院に行って診てもらいましょう。
子供の身長を伸ばしていくには、運動や食事、そして睡眠などの生活習慣に気を配ることが最も大切です。