成長期を越えると

成長期を越えると

中学生や高校生になって成長期が終わると、通常身長は伸びないというのが定説です。
この時期に、成長はしなくなってしまうということです。
それならば、25歳を超えるとそれ以上身長を伸ばすことは不可能なのでしょうか。

 

一般的に20歳過ぎには成長が止まってしまうということがほとんどで、成長したとしても1年に2〜3ミリくらいとなっています。
ただし25歳以上であっても身長を伸ばすために頑張ることで、身長を伸ばすことは可能です。

 

骨をつなぎ合わせるものとして、軟骨というクッション材の役目を果たすものがあります。
この軟骨部分を膨らませると、身長を伸ばすことも可能となります。
軟骨に多い成分であるコンドロイチン、コラーゲン、グルコサミンなどのサプリを利用するという方法で軟骨を膨らませることが出来ます。

 

これらのようなサプリメントを使う方法で、数センチのレベルでも身長を伸ばすことができるようです。
さらに骨盤に生じた歪みを治すことで、身長を伸ばすことはできるでしょう。
曲がっている部分が全くない背骨の持ち主は、なかなか見つかるものではありません。
ストレッチを行ったり背骨を矯正するための器具などを使うことで、姿勢を正常な状態とし背骨をまっすぐにすることができるはずです。

 

それまでは歪みがあった背骨を正常な状態に治すことで、数センチ程度は身長に違いが出てくるでしょう。
このように25歳を過ぎてからは、身長に劇的な変化を求めることはできません。
ですが少しずつ身長を伸ばすということは可能ですから、自分のペースで頑張って続けていくようにしましょう。
再び生活習慣を改善すべき点を探してみましょう。